メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
皇室

陛下在位30年に感謝の言葉続々 「被災地訪問のお礼」「退位後はごゆっくり」

在位30年記念式典であいさつされる天皇陛下を手伝われる皇后さま=東京・国立劇場で2019年2月24日午後3時1分(代表撮影)

 天皇陛下の在位30年の記念式典があった24日、皇居・宮殿では天皇、皇后両陛下が皇太子ご夫妻ら皇族方からお祝いのあいさつを受けられる儀式があった。皇太子さまが「心からお祝い申し上げます」と述べると、陛下は笑顔で「どうもありがとう」と応えた。宮内庁は皇居や京都市などの施設で、お祝いの記帳を受け付け、4月30日の退位まで約2カ月となった陛下への感謝や、ねぎらいの気持ちを伝えようと多くの人が集まった。

 皇居では午前9時半の開始時に記帳希望者510人が列を作り、午後4時の終了までに7986人が足を運ん…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです