メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

沖縄、民意の盾 国に異議の矢(その2止)

 ■解説

重い負担、考慮の末

 美しい海を埋めてまで、沖縄はこれからも重い負担を背負い続けなければならないのか。沖縄の人々は考え抜いた末に「埋め立て反対」の結論を出した。

 問題の原点は74年前にある。太平洋戦争末期、沖縄は本土防衛の「捨て石」とされ、地上戦で県民の4人に1人が命を落とした。占領した米軍は人々の土地を力で奪い、基地を造った。米軍普天間飛行場もその一つだ。国土面積の約0・6%の島に全国の米軍専用施設の約70%が集中する現実。そんな沖縄に「土地を返すから、代わりに海を差し出せ」と求めているのが辺野古移設問題の構造だ。

 普天間か辺野古か。1996年の日米両政府による普天間返還合意以降、沖縄は常に不条理な選択を迫られて…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1411文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです