メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

沖縄、民意の盾 国に異議の矢(その1)

 24日に投開票された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票は、反対が圧倒的な多数を占める結果となった。玉城(たまき)デニー知事は「民意」を盾に移設断念を政府に迫る考えだ。政府は計画通りに移設を推進する方針だが、投票結果を受けて沖縄の反発が強まるのは必至で、4月の衆院沖縄3区補選や夏の参院選への影響を懸念する。

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1896文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです