メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界スプリント選手権 小平、総合優勝 2年ぶり2度目

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケート女子の小平奈緒(32)=相沢病院=が24日、オランダのヘーレンフェインで行われた世界スプリント選手権で2年ぶり2度目の総合優勝を達成した。

 大会は2日間で500メートルと1000メートルを2度ずつ滑走。第1日に総合トップに立ち、24日は500メートル1位、1000メートル3位で逃げ切った。約2週間前に500メートルの連勝が37で止まったが、改めて底力を示した。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです