安倍首相、辺野古移設は継続 県民投票「結果を真摯に受け止め」も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で質疑を聞く安倍晋三首相=国会内で2019年2月25日午前9時27分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で質疑を聞く安倍晋三首相=国会内で2019年2月25日午前9時27分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は25日午前、沖縄県の県民投票で「反対」が多数を占めたことについて、「結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に全力で取り組む」と述べた。一方、引き続き辺野古移設を進める方針を明言し、「長年にわたって県民の皆様と対話を重ねてきたが、これからもご理解いただけるよう、全力で対話を続けていきたい」と話した。首相官邸で記者団に語った。

 首相は「世界で最も危険と言われる普天間飛行場が固定化され、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない」と強調した。そのうえで、日米両政府の普天間飛行場の全面返還合意から20年以上たったと指摘し、「これ以上、先送りすることはできない」と移設を進める考えを表明。「単に新たな基地を造るのではなく、普天間飛行場を全面返還するための基地だ」と辺野古移設の必要性を重ねて訴えた。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集