メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉城知事 3月1日に官邸と米大使館訪問へ 県民投票一夜明け

埋め立て工事が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部=沖縄県名護市辺野古で2019年2月25日午前9時46分、津村豊和撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての賛否が問われた24日の県民投票で「反対」が多数となったことを受け、辺野古移設に反対する玉城(たまき)デニー知事は25日、首相官邸や在日米国大使館を3月1日にも訪れて、安倍晋三首相や米国側に結果を通知する方向で調整に入った。

 県民投票は「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で問われ、「反対」が43万4273票で投票総数の71.74%を占めた。「反対」は全41市町村で多数となった。注目された投票率は52.48%だった。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  3. 暴走のトランプ氏か言葉に窮するバイデン氏か 「史上最悪」醜態のテレビ討論会

  4. サッカー J1 神戸1-0名古屋

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです