井筒屋黒崎店、営業継続 地元要望受け閉店見直し 規模は縮小

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
井筒屋本店=北九州市小倉北区で2018年9月16日、曽根田和久撮影
井筒屋本店=北九州市小倉北区で2018年9月16日、曽根田和久撮影

 井筒屋は25日、5月末に閉店を予定していた黒崎店(北九州市八幡西区)について、現状の1~7階から、1~3階に規模を縮小したうえで営業を続けると発表した。地元の要望を受けて、閉店の見直しを検討していた。

 黒崎店が入居するJR黒崎駅前の商業ビル(地上8階建て)の管理会社「メイト黒崎」と同日、2022年5月末までの賃貸契約の締結で基本合意した。今年8月1日以降、1~3…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集