メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中西・経団連会長「原発、公開の討論を」 本気か? 民間の申し入れは拒否

経団連の中西宏明会長=東京都千代田区で2019年2月5日、藤井達也撮影

 原発をめぐる中西宏明・経団連会長の発言が物議を醸している。中西氏は年明けから「真剣に一般公開の討論をすべきだと思う」と意気込んでいるが、経団連は脱原発を目指す民間団体の公開討論の申し入れを断るなど、立場を超えた対話には消極的な姿勢のまま。政府の動きも鈍く、エネルギー政策をめぐる国民的議論の行方は見えない。

 中西氏は25日の記者会見で、国民的議論が必要だとする理由について「日本の高品質電力の基盤が崩れると…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです