メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR中央、総武線で約4時間運転見合わせ 28万人に影響

交通機関の遅延の影響を受け東京医科歯科大の入試の開始時間が繰り下げられたことを伝える掲示物=東京都渋谷区で2019年2月25日午前10時24分、渡部直樹撮影

 25日午前4時55分ごろ、東京都のJR中央線の神田―四ツ谷間で送電ケーブルから出火した直後に停電が発生した。中央線快速の東京―新宿間、中央・総武線各駅停車の西船橋―三鷹間の上下線が4時間以上にわたって運転を見合わせ、通勤・通学客ら約28万人に影響した。この日は国公立大の2次試験の初日で、多くの大学が試験の開始時間を繰り下げるなど、影響は受験生を直撃した。

 東京消防庁などによると、停電が発生した時間帯に、千代田区飯田橋3の水道橋―飯田橋間の線路脇の資材の…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです