メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥満症患者データベース、学会が構築へ ”万病のもと”にビッグデータで対抗

イメージ=iStock

 日本肥満学会は、全国の肥満症患者の診療情報を集めたデータベース作りを始めた。5年程度をめどに全国の約20医療機関で計1万例の収集を目指している。さまざまな健康障害を伴う肥満症患者の情報をビッグデータとして分析し、新たな治療法開発などにつなげる狙いがある。

 肥満症は、国内に推定約2500万人いる体格指数(BMI)25以上の「肥満」のうち、高血圧や脳梗塞(こうそく)、睡眠時無呼吸症候群など11種類の健康障害を伴う場合を指す。

 同学会によると、医療機関の電子カルテに、肥満症に特化した診療情報の入力画面を設ける。BMI25以上…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです