肥満症患者データベース、学会が構築へ ”万病のもと”にビッグデータで対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イメージ=iStock
イメージ=iStock

 日本肥満学会は、全国の肥満症患者の診療情報を集めたデータベース作りを始めた。5年程度をめどに全国の約20医療機関で計1万例の収集を目指している。さまざまな健康障害を伴う肥満症患者の情報をビッグデータとして分析し、新たな治療法開発などにつなげる狙いがある。

 肥満症は、国内に推定約2500万人いる体格指数(BMI)25以上の「肥満」のうち、高血圧や脳梗塞(こうそく)、睡眠時無呼吸症候群など11種類の健康障害を伴う場合を指す。

 同学会によると、医療機関の電子カルテに、肥満症に特化した診療情報の入力画面を設ける。BMI25以上の患者が受診すると、医師はこの画面で▽体重や血圧などの身体的所見▽発症時期▽処方薬▽肥満家族の有無▽関連疾患の有無――などを入力し、治療に活用する。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文849文字)

あわせて読みたい

注目の特集