メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸初期の元号議論に「日本書紀」 和書引用はまれ 当時の資料見つかる

主な日本の古典

 江戸時代の改元に伴って公家たちが新元号案を審査する際に、8世紀成立の歴史書「日本書紀」の文面を引用した記載が当時の史料から見つかった。水上(みずかみ)雅晴・中央大教授(中国哲学)の研究成果で、3月発行の中央大の学術誌「紀要 哲学」に論文が掲載される。日本の元号は漢籍を典拠として考案され、考案の過程で、漢籍の内容や過去の日本の出来事などを基に詳細に検討される。古代中国発祥の元号の議論に、和書が引用されたのが確認されたのは非常に珍しい。

 元号は出典の解釈のほか、字の意味や形まで詳細に論じられる。「平成」改元の際は発表後に、盾と矛や戦争…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです