メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

“なんちゃって第三者委員会”不祥事起こる度に設置

衆院本会議に臨む安倍晋三首相(右)と根本匠厚生労働相。国会でも厚労省の特別監察委について、第三者性が問われた=14日、川田雅浩撮影

裸になって出直す覚悟必要

 不祥事が起こる度に「第三者委員会」なるものが設立される。企業、大学、アイドルの運営会社しかり。ついには国の機関である厚生労働省が、第三者性の乏しい統計不正の特別監察委員会をそう呼ぶ始末だ。名ばかりの“なんちゃって第三者委員会”が世の中にあふれているのではないか。【宇田川恵】

当面乗り切りに利用

 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループで、新潟県を拠点に活動する「NGT48」のメンバー、山口真帆さんが昨年12月、ファンの男2人に自宅に押しかけられ、顔をつかまれるなどの被害を受けたという。2人は暴行容疑で逮捕され、後に不起訴処分になった。しかし対応の遅さなどに不満をもったファンらが、運営会社AKSなどを激しく批判。騒ぎは収まらず、事件から約2カ月後の今月1日、AKSは「事実関係の調査と原因の究明を行う」として第三者委を設置した。

 アイドルとは無縁の世界のものに見える第三者委。唐突に出てきたその言葉にギョッとした人も少なくないだろう。そもそも第三者委とは何か。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 「鬼滅の刃」の小説は年間売り上げ1位

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです