メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

ゲームフィッシングで活躍、西野勇馬さん 「1対1」の肉弾戦、世界記録に挑戦

 体を優に超えるほどの大きさの魚を釣り上げる。そんな映像を見たことがある人も多いのではないだろうか。北里大学2年、西野勇馬さんは「ゲームフィッシング」と呼ばれる釣り競技で活躍している現役大学生だ。日本ではトップとなる25個の世界記録を持つ。海の生き物が大好きな記者が、西野さんに会いに行った。【早稲田大・今給黎美沙、写真は同大・廣川萌恵】

 西野さんが魚釣りを始めたのは3歳の時。同じ競技を行う父親の影響だった。以来、魚釣りの魅力にはまり、現在は大学の休暇を利用しながら関東近海や伊豆大島といった漁場で釣りを行っている。

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです