メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

だんじりの地を走るパブ

 岸和田駅前通商店街(大阪府岸和田市)。南海岸和田駅のすぐ前から始まるこの商店街入り口のアーチには、だんじりのイラストが描かれ、通りの両サイドには各町の法被イルミネーションがずらり。

 1963年に完成したアーケードは長さ約270メートル。夜は高くちょうちんをつけるだんじりが通れるように設計、当時日本一の高さを誇った。さすが岸和田の玄関口。

 ただ、高度経済成長期には自転車で通ると叱られるほどのにぎわいを見せたこの商店街も、例にもれずシャッ…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文1938文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです