メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ふつうの人生

 埼玉県加須市の大谷貴子さん(57)は25歳の時、白血病を患った。幸い母親と白血球の型が一致したため骨髄移植を受けられたが、妹のように可愛がった同じ病室の中学生の女の子は骨髄の提供者が見つからず、15年の生涯を閉じた。退院後、大谷さんは痛切な思いで今の公益財団法人・日本骨髄バンクの設立に奔走した。

 骨髄バンクの連載のため私が大谷さん宅を訪れたのは12年前。その時と比べ、ド…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです