メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

統一候補に小田切氏 連合と立憲、国民、社民合意 一本化へ共産とも調整 /青森

 今夏の参院選について、立憲民主、国民民主、社民の3党県連と、連合青森、無所属の升田世喜男・元衆院議員は25日、青森市内で会合(5者協議)を開き、立憲民主が青森選挙区で擁立を決めた元県弁護士会会長の小田切達氏(61)を統一候補とすることで合意した。3党は今後、共産党とも調整を進め、県内での野党候補の“完全一本化”を目指す。【一宮俊介】

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです