特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

輝け光星’19センバツ

選手紹介/6 横山海夏凪投手/中沢英明捕手 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八戸学院光星の横山海夏凪投手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影 拡大
八戸学院光星の横山海夏凪投手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

制球力、格段に向上 横山海夏凪(みなぎ)投手(2年)

 昨秋の公式戦でベンチ入りした投手陣の中で唯一の左腕。左打者が多い相手では“本領発揮”が期待される重要な存在だ。持ち球の五つの球種を右打者、左打者と相手によって鋭く投げ分ける。

 秋の東北大会決勝では三回から継投で登板し、3人で切ると、四回も無安打に抑えた。ただ、秋は公式戦計4回と3分の2を投げて、暴投も2回。悔いが残ったという。

 この冬、投球フォームを徹底して見直した。テークバックでの腕の下がりを修正し、コンパクトな腕の振りを意識。制球力が格段に向上した。

 長野市出身。母が女手一つで野球生活を支えてくれている。「家族と離れていてもしっかりやっているところを見せたい」。冬に修正したフォームは春の舞台で花開く。

八戸学院光星の中沢英明捕手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影 拡大
八戸学院光星の中沢英明捕手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

配球を夜まで研究 中沢英明捕手(1年)

 「配球力がある」(仲井監督)と認められ、1年生ながら捕手として昨秋からベンチ入り。秋の県大会の準々決勝後、ケガで離脱した1年先輩の捕手・太山に代わり、準決勝、決勝と急きょマスクをかぶった。

 研究熱心だ。突然の準決勝からの出場だったが、必死にデータとにらみ合いながら夜まで配球を考え、県大会の優勝をたぐり寄せた。練習中も、太山への監督やコーチ陣の指導を必ず一緒に聞く。「試合中も太山さんのリードを見て、自分ならどうするか考える」

 光星に来たきっかけは、父に連れられ観戦した2012年夏の甲子園準決勝。ロッテに進んだ捕手の田村ら光星の選手に憧れた。「次は自分が甲子園。チームを勝利に導く捕手になる」=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい