メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県教委

県立高に「部活動指導員」 新年度、2校に配置 教員の負担軽減へ /山形

 教職員の働き方改革の一環で、県教育委員会は新年度から、県立高校2校に「部活動指導員」を1人ずつ配置する。部活動の指導体制の充実と、教員の負担軽減が狙い。2018年度から導入が始まった公立中学校では全96校に1人ずつ配置する。19年度一般会計当初予算案には2236万円を計上し、県教委スポーツ保健課は「教員が授業の準備にかける時間が確保でき、負担軽減の効果は大きい」と期待を込める。

 同課によると、部活動指導員は教員経験者やスポーツの外部コーチらで、県や市町村が非常勤嘱託職員として…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. クジラの死骸が漂着 鎌倉の海岸
  4. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです