メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協定

大泉町、茨城・境町と ふるさと納税など人事交流 /群馬

 大泉町と茨城県境町は21日、お互いの得意分野のノウハウを行政運営に生かすため、人事交流に関する協定を交わした。大泉町は外国人住民との共生策、境町はふるさと納税制度の有効活用などに先進的に取り組んでおり、各町の実情に応じてその分野に精通した職員を相互派遣する。新年度から、当面は各1人、1年間の任期を予定しているが、課題に応じて人数や任期は臨機応変に対応する考えだ。

 両町はともに利根川流域に立地する縁から昨年12月に災害時の相互応援協定を締結。これを機に連携・交流…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです