メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

古里の誇り、未来へ 今津中生と地元有志が合唱 高島 /滋賀

ブルーコーラスのメンバー(手前)と一緒に琵琶湖周航の歌を歌う今津中学校1年生=滋賀県高島市の同校で、塚原和俊撮影

 高島市立今津中学校で20日、同市で生まれた琵琶湖周航の歌を歌い継ぐ集いが開かれ、1年生約100人が参加した。市民有志が開き、生徒たちに「歌を誇りに思ってほしい」と呼びかけ、地元の合唱団「ブルーコーラス」の約25人と一緒に全6番を合唱した。

 同中は周航の歌研究者の故飯田忠義さん=今年1月、80歳で死…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです