メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンサート

宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」、朗読とシンセ演奏で 来月2日、城陽でコラボ /京都

「セロ弾きのゴーシュ」を朗読する馬場精子さん=京都府城陽市で、今西拓人撮影

 宮沢賢治の代表作の一つ「セロ弾きのゴーシュ」の朗読と、シンセサイザーの演奏のコラボレーションによるコンサートが3月2日、城陽市の文化パルク城陽プラネタリウムで開かれる。京都市在住の朗読家、馬場精子さん(59)が読むのに合わせ、愛宕(おたぎ)念仏寺(京都市右京区)住職の西村公栄(こうえい)さん(64)がオリジナルの曲を奏でて演出する。【今西拓人】

 「ゴーシュ」は、演奏が上手でない主人公がカッコウや猫などの動物とのふれあいを通して演奏の腕前と心を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです