メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/75 2度目の米朝首脳会談と北朝鮮経済 制裁の影響は深刻 /大阪

中朝国境で北朝鮮側の通関を待つ中国のトラック。往来する人は見えなかった=中国吉林省で2017年10月、石丸次郎さん撮影

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)氏は27日、米国のトランプ大統領との2度目の首脳会談に臨む。北朝鮮の非核化が進展するのか、米国がどんな相応措置を提示するのかが国際社会の関心の的だ。

 米国中心の国連軍との朝鮮戦争休戦会談のことを北朝鮮は「談判」と呼んでいる。ベトナムに乗り込む金正恩氏は、会うこと自体が歴史的意味を持った昨年とは違い、トランプ氏との「談判」で具体的成果を出さなくてはならない。経済制裁の影響が深刻化しているからだ。

 2017年に核・ミサイル実験を繰り返した金正恩政権は、国連安保理の全会一致、つまり国際社会共同の「史上最強」と言われる厳しい制裁を科された。石炭等の鉱物資源、繊維製品、海産物など、主要産品の輸出がすべて禁止された。18年度、北朝鮮は制裁強化前の貿易収入の88%、2700億円を失った。

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです