メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

一般入試出願状況 県立高全日制は0.99倍 過去最低、少子化影響 /鳥取

 県教委は25日、県立高校の2019年度一般入試出願状況を発表した。全日制は3486人の実質募集定員(推薦入試確約者を除く)に対し、3455人が志願。全体の競争率は0・99倍(前年度1・00倍)で、記録が残る1978年以降で過去最低となり初めて1・00倍を下回った。【阿部絢美】

 高等学校課によると、少子化の影響に加え…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. ORICON NEWS 電気グルーヴ、新マネジメント会社設立 FCでビデオメッセージ公開

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです