廃棄前大根

仲卸業者がツマに加工、販売 法上の問題なし、処分見送り 岡山市中央市場 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小倉商店が生産している大根のツマ。流用されたものとは異なる=岡山市南区で、林田奈々撮影
小倉商店が生産している大根のツマ。流用されたものとは異なる=岡山市南区で、林田奈々撮影

 岡山市が開設する市中央卸売市場(同市南区)で昨年11月、仲卸業者「小倉商店」が廃棄予定の大根を大量に流用し、刺し身などに添えるツマに加工、販売していたことが市などへの取材で分かった。市は「食品衛生法上、問題のある行為ではない」として小倉商店への処分を見送った。

 市などによると、大根は市場内の青果業者が仕入れた。売れ残って廃棄処分になったが、大根をごみ集積場まで運ぶ清掃会社の男性社員が小倉商店に横流しした。社員は以前、小倉商店でアルバイトをしていたという。大根はツマに加工され、廃棄予定の…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

あわせて読みたい

ニュース特集