メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄県民投票 玉城知事、国外移設要請へ 首相と1日にも会談

沖縄県民投票の結果(最終確定)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立てへの賛否を問う県民投票で「反対」が多数を占めたことを受け、玉城デニー知事は25日の県議会で「早期に国外移転を進めることが最良の手段の一つになりうる」と述べ、工事中止と普天間飛行場の国外移設を求めると表明した。安倍晋三首相は同日、「結果を真摯(しんし)に受け止める」と述べたが、辺野古移設は進める考えを明確にした。両氏は3月1日にも会談するが、双方の溝は埋まりそうにない。

 県民投票は、「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択のうち、「反対」が43万4273票で投票総数の7割を超えた。「反対」は全41市町村で多数。投票資格者総数(115万3591人、24日見込み)の4分の1を大きく上回った。これにより、県民投票条例に基づき、玉城氏は結果の尊重とともに、首相と米大統領への結果の通知が義務づけられた。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです