児童虐待

防止へDV対策 法改正検討 児相と相談機関、連携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、児童虐待防止法を改正して、夫婦間などの家庭内暴力(DV)についても対策を強化する検討に入った。母親が父親から暴力や暴言を受けている家庭では子どもも虐待を受けているケースが多い実態を踏まえ、児童相談所(児相)とDVの相談機関の連携を盛り込んで同時対応する必要性を明確化する。今国会への改正法案提出を目指す。【原田啓之】

 内閣府の2017年度調査では、子どもがいるDV被害者のうち21%は、子どもも配偶者から暴力や脅しなどの虐待を受けていた。今年1月に千葉県野田市で小学4年、栗原心愛(みあ)さんが死亡し両親が傷害容疑で逮捕された事件でも、母親からDV被害の相談が事件前から自治体に寄せられており、DVで支配下に置かれた親が子どもを守ったり家庭の外に助けを求めたりすることの難しさが指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集