メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

元号と東アジア/上 「和風元号」漢籍の壁 影響強く、独創に課題

主な日本の古典

 「平成」に代わる新元号の発表まで、まもなく1カ月となる。古代中国で発祥した元号は、東アジア各国に伝わり、今日では日本のみで使われる。元号を巡る各国の歴史を振り返ることで、元号とは何かを考える。

 「中国古典にとらわれず新元号を」。1月3日付の産経新聞への寄稿が、元号関係者の注目を集めた。執筆者は日本財団の笹川陽平会長(80)。山梨県の自身の別荘に安倍晋三首相らを招き、談笑中の写真をブログで公開するなど、政権幹部とも親交が深い。

 笹川氏は寄稿で「日本には卓越した造語の歴史がある」と指摘。経済、社会、哲学といった「和製漢語」が明…

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです