メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

キーンさんの余話=玉木研二

 <ka-ron>

 この日曜日朝、96歳で亡くなったドナルド・キーンさんとは「戦後60年」の社会変化を論じてもらう記事企画でお会いした。

 はにかんだような笑みが印象深かったが、語り口はなめらかで多様な話題に応じ、「座談の名手」というものがあるなら、キーンさんも数えられるのだろうと思った。

 余話だが、例えば、こんな回顧。「日本では、人を自宅に招く時、『汚いところですが』『ちらかってますが』と言います。そうかと思って行ってみると、決してそんなことはない。言葉通りだったのは永井荷風さんだけです」

 作家らとの交わりは広かった。三島由紀夫、安部公房、川端康成、司馬遼太郎ら。早くに自殺した太宰治の「…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです