メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

キーンさんの余話=玉木研二

 <ka-ron>

 この日曜日朝、96歳で亡くなったドナルド・キーンさんとは「戦後60年」の社会変化を論じてもらう記事企画でお会いした。

 はにかんだような笑みが印象深かったが、語り口はなめらかで多様な話題に応じ、「座談の名手」というものがあるなら、キーンさんも数えられるのだろうと思った。

 余話だが、例えば、こんな回顧。「日本では、人を自宅に招く時、『汚いところですが』『ちらかってますが』と言います。そうかと思って行ってみると、決してそんなことはない。言葉通りだったのは永井荷風さんだけです」

 作家らとの交わりは広かった。三島由紀夫、安部公房、川端康成、司馬遼太郎ら。早くに自殺した太宰治の「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです