メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

公判前整理手続きって? スムーズ審理へ争点絞り込み 長期化の傾向=回答・金寿英

公判前整理手続きの平均期間

 なるほドリ 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(ひこく)の事件は「公判前整理手続(こうはんぜんせいりてつづ)き」が行われるそうだね。どんな手続き?

 記者 公判が始まる前に裁判官と検察官、弁護人が集まって争点(そうてん)や証拠を絞(しぼ)り込む手続きです。司法制度改革の一環(いっかん)で刑事裁判の充実(じゅうじつ)・迅速化(じんそくか)を図るため、2005年に導入(どうにゅう)されました。殺人事件など裁判員裁判になる重大事件では必ず行われます。それ以外でも裁判官が必要と認めれば、裁判所の判断か弁護人や検察官の請求(せいきゅう)で実施されます。この手続きには被告本人も出て意見を述べることができます。

 Q ゴーン前会長と日産前代表取締役(とりしまりやく)のグレッグ・ケリー被告の弁護人が手続きを行うよ…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです