メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

菅義偉氏/下 「リーダーを目指す人の心得」 組織運営の要諦学ぶ

菅義偉官房長官=根岸基弘撮影

 「なにごとも思うほどには悪くない。翌朝には状況が改善しているはずだ」。2015年に成立した平和安全法制(安全保障関連法)の審議中、この言葉に励まされた。イラク戦争時の米国の国務長官だったパウエルさん。彼が披露した座右の銘「13カ条のルール」の筆頭の格言だ。

 当時は「この法案を通せば内閣支持率が10%は下がるだろう。しかし国民の生命と財産を守るために絶対必要だ」との決意で臨んだ。それでも最終盤で深夜国会になった時は「こりゃ無理かもしれないな」という気持ちにもなった。その時思い出したのがこの言葉。実際、翌朝には可決された。「一晩寝れば気持ちは変わるんだな」と、パウエルさんの至言に脱帽した。

 パウエルさんは黒人初の米軍統合参謀本部議長で、相当な苦労人だ。一般大学から任官して「四つ星大将」にまで昇進した。秋田から一人で上京し、周りに支えられながら道を切り開いてきた私も共鳴するところが少なくない。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです