メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ

自由化拡大 初の大幅改憲へ国民投票

 【サンパウロ山本太一】カリブ海の社会主義国キューバで24日、改正憲法案の是非を問う国民投票が実施された。キューバ革命から60年、実権を握ってきたカストロ兄弟時代の終幕を見据え、現憲法の大幅改正によって「経済自由化の進展」と「集団指導体制の確立」をもくろむ。4月にも公布される。

 現憲法はフィデル・カストロ元国家評議会議長(2016年死去)が主導し1976年に制定。これまでに計3度、一部改正されたが、大幅改正は初めてだ。開票結果は25日に発表されるが、承認は確実とみられる。有権者数は約870万人。

 ディアスカネル国家評議会議長(58)は改正案が「市民一人一人の権利を保障するものだ」とツイートし、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです