メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

「離脱延期が合理的」 「合意なし」回避へ、英側に圧力

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は25日、英国のEU離脱について「延期が合理的」との考えを示した。3月29日に離脱日が迫る中、EU側は、英国と離脱協定案の修正協議をしたとしても、期限内に英議会で支持される合意が実現できるかには懐疑的だ。離脱延期に慎重なメイ英首相に対し、「合意なき離脱」の回避を優先するEUからの圧力が高まっている。

 メイ氏は24、25両日、EUとアラブ連盟の首脳会議のため訪問したエジプト北東部シャルムエルシェイク…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです