メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

確定申告

広がる副業、納税サポート 民泊などシェアリングエコノミー活況 仲介業者、申告初心者に

副業と確定申告についての講義に耳を傾ける参加者たち=東京都品川区の会計ソフト会社「フリー」で2019年2月15日、岡大介撮影

 民泊などの「シェアリングエコノミー」や副業が広がる中、稼いだ所得の確定申告をしなければならない人が増えている。申告に慣れていない人も多く、関連業界は啓発イベントを開くなど支援に取り組んでいる。【岡大介】

 「副業も確定申告も初めて。やり方がよく分からなかったので、話を聞けてよかった」。2月中旬、会計ソフト会社フリーが東京都品川区の本社で副業と確定申告をテーマに開いたセミナーに参加した男性会社員(27)はこう話した。昨年から副業として、友人が起業した会社の販売戦略を練るのを手伝っている。

 セミナーには15人が参加し、税理士が確定申告の手続きを説明した。同社は副業している人がスマートフォ…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです