メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

交渉期限延期 泥沼化、当面回避 トランプ氏「成果」優先

米中の制裁・報復をめぐる動き

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】トランプ米大統領が24日、3月1日に迫っていた米中通商協議の交渉期限延期を表明したことで、貿易戦争の泥沼化は当面、回避された。米中両政府は3月中にも首脳会談を開き「停戦」に持ちこみたい方針だが、対中戦略をめぐってトランプ政権内の温度差も表面化しており、最終決着にはなおハードルが残されている。

 「すべてがうまくいけば、1、2週間後には大きなニュースがあるだろう」。トランプ氏は24日、ホワイト…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1776文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです