メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

イタリア不況、連立政権の動揺=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 イタリアの昨年後半の実質国内総生産(GDP)は2四半期連続で対前期比マイナスだった。古典的な定義では不況の到来だ。昨年6月以降は、ポピュリズム(大衆迎合主義)政党の「五つ星運動」と極右の「同盟」との連立政権だ。

 不況ゆえに政権批判は高まる。2月の知事選では「五つ星運動」の候補者への投票は大幅に減少した。これに対し「同盟」は地方では保守連立で対応し、善戦する。中央レベルでの連立の組み替えの可能性も出てきた。

 亀裂が広がる両党だが、イタリア中央銀行の幹部人事では足並みが一致する。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです