メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

歴史香る「独立の味」を生で ブラジル、カシャッサ

手作りカシャッサを手にするルイス・ナタウ・ザンドナさん(左)と次男ペドロ・ルイスさん=ブラガンサパウリスタで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ブラジルはサトウキビ生産量世界一を誇る。そのサトウキビが原料の蒸留酒「カシャッサ」は低所得層を中心に愛飲されてきたが、最近は幅広い層に浸透する。植民地時代、宗主国ポルトガルから課されたカシャッサへの重税に対して市民の反発が高まり、独立につながった。カシャッサは「ブラジル独立のシンボル」でもある。

 ブラジルでは真夏の今月初旬、最大都市サンパウロから北約100キロのブラガンサパウリスタにあるカシャ…

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです