メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界スプリント選手権 小平、2年ぶり総合V

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートの世界スプリント選手権最終日は24日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子の小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を果たした。高木美帆(日体大助手)と、男子で初出場の新浜立也(高崎健康福祉大)がともに総合2位に入った。

 小平は首位で迎えた2回目の500メートルで37秒41の1位、1000メートルで3位となりトップを守った。高木美は1000メートルで1分14秒56の1位となり、第1日からの総合2位を堅持した。辻麻希(開西病院)は同11位。

 22歳の新浜は500メートルで34秒45の2位、1000メートルは5位と踏ん張り、日本男子9年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです