メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

番付発表 「重圧はね返す」 大関昇進へ貴景勝意欲

春場所への抱負を語る貴景勝=梅田麻衣子撮影

 日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、大関昇進を目指す貴景勝が2場所連続で東の関脇、先場所初優勝の玉鷲が西の関脇に座った。小結・御嶽海は13場所連続で三役を守り、北勝富士が新三役となる小結に昇進。初場所で稀勢の里(現荒磯親方)が引退し、2014年春場所以来の2横綱となる。新入幕は友風、照強、大翔鵬で、けがで一時幕下まで落ちた豊ノ島が16場所ぶりに幕内復帰を果たした。

 大関昇進がかかる貴景勝は25日、大阪市内で記者会見し「横綱・大関は別格。プレッシャーを感じないよう…

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです