メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

番付発表 「重圧はね返す」 大関昇進へ貴景勝意欲

春場所への抱負を語る貴景勝=梅田麻衣子撮影

 日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、大関昇進を目指す貴景勝が2場所連続で東の関脇、先場所初優勝の玉鷲が西の関脇に座った。小結・御嶽海は13場所連続で三役を守り、北勝富士が新三役となる小結に昇進。初場所で稀勢の里(現荒磯親方)が引退し、2014年春場所以来の2横綱となる。新入幕は友風、照強、大翔鵬で、けがで一時幕下まで落ちた豊ノ島が16場所ぶりに幕内復帰を果たした。

 大関昇進がかかる貴景勝は25日、大阪市内で記者会見し「横綱・大関は別格。プレッシャーを感じないよう…

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです