メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄県民投票翌日、繰り返される衝突 新たな怒り

県民投票の結果を受け、米軍キャンプ・シュワブ前で基地の撤廃を訴える人たち=沖縄県名護市辺野古で2019年2月25日午前8時59分、津村豊和撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画を巡って24日に実施された県民投票は、名護市辺野古沿岸部の埋め立てについて「反対」が7割超を占めた。だが、政府は一夜明けた25日、投票結果を踏みにじるかのように工事を続行。普天間飛行場をどうするのか。なぜ辺野古なのか。考え抜いて1票を投じた県民からは憤りの声が上がった。【蓬田正志、杣谷健太、樋口岳大】

 辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では25日午前、工事車両の進入を拒もうと座り込みを続ける約80人の市民と、排除しようとする県警機動隊が衝突を繰り返していた。同じ頃、菅義偉官房長官は記者会見で「最も大事な原点である普天間飛行場の危険性除去と固定化をどうするのか。そうしたことが触れられていないと承知している」と県民投票に異議を唱え、改めて埋め立て工事を続ける考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです