メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄県民投票翌日、繰り返される衝突 新たな怒り

県民投票の結果を受け、米軍キャンプ・シュワブ前で基地の撤廃を訴える人たち=沖縄県名護市辺野古で2019年2月25日午前8時59分、津村豊和撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画を巡って24日に実施された県民投票は、名護市辺野古沿岸部の埋め立てについて「反対」が7割超を占めた。だが、政府は一夜明けた25日、投票結果を踏みにじるかのように工事を続行。普天間飛行場をどうするのか。なぜ辺野古なのか。考え抜いて1票を投じた県民からは憤りの声が上がった。【蓬田正志、杣谷健太、樋口岳大】

 辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では25日午前、工事車両の進入を拒もうと座り込みを続ける約…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1634文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです