メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

宗教者と大災害 「無常」の中にぬくもり、東日本大震災での実感 追悼とは愛情の継承

東日本大震災で被災した女性からの手紙を読む鍋島直樹さん。「宗教者に役割があることを教えてもらった」と語る=神戸市中区で、花澤茂人撮影

 東日本大震災の発生から間もなく8年。被災地では多くのボランティアが支援活動に当たったが、その中には僧侶ら宗教者の姿もあった。被災地にあふれる苦悩や悲嘆を前に、宗教に何ができるのか。多くの命を奪った大災害は、宗教者たちが自身と向き合う転機にもなった。【花澤茂人】

 丁寧に広げた手紙を、浄土真宗本願寺派・真覚寺(神戸市中央区)の鍋島直樹住職(60)は大切そうに見つめた。龍谷大の教授でもあり、死への不安や死別の悲しみに対する仏教の救済観の研究を続けている。東日本大震災の被災地も繰り返し訪れ、遺族らと交流を続けてきた。手紙は津波で夫を亡くした宮城県気仙沼市の女性からのもの。「被災者の方たちから、宗教者に役割があることを教えてもらったのです」

 24年前の阪神大震災では鍋島さん自身が被災した。寺は塀と門が倒壊。本堂にもひびが入った。余震の恐怖…

この記事は有料記事です。

残り1749文字(全文2119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです