メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

“ガクチカ”頑張ったことを伝えたいが 指示を守ることが評価に

え・葛西りいち

 勝った・負けたと気にするのは人の常。これは就活も例外ではありません。就活だと最終的には内定の有無となるはず。ところが初期段階では所属大学や行動特性を極端に気にします。例えば、グループ面接。

 面接担当者「では自己紹介をお願いします。お名前だけで結構です」

A「○○大学から参りましたAです」

B「△△大学から参りましたBです。趣味はカラオケです」

C「◇◇大学から参りましたCです。趣味は音楽鑑賞で、明るい歌が持ち歌です。よろしくお願いします」

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです