メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

“ガクチカ”頑張ったことを伝えたいが 指示を守ることが評価に

え・葛西りいち

勝ったのは忠実な回答

 勝った・負けたと気にするのは人の常。これは就活も例外ではありません。就活だと最終的には内定の有無となるはず。ところが初期段階では所属大学や行動特性を極端に気にします。例えば、グループ面接。

 面接担当者「では自己紹介をお願いします。お名前だけで結構です」

A「○○大学から参りましたAです」

B「△△大学から参りましたBです。趣味はカラオケです」

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文2012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです