メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界スプリント選手権 小平、2年ぶり総合V

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートの世界スプリント選手権最終日は24日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子の小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を果たした。高木美帆(日体大助手)と、男子で初出場の新浜立也(高崎健康福祉大)がともに総合2位に入った。

 小平は首位で迎えた2回目の500メートルで37秒41の1位、1000メートルで3位となりトップを守った。高木美は1000メートルで1分14秒56の1位となり、第1日からの総合2位を堅持した。辻麻希(開西病院)は同11位。

 22歳の新浜は500メートルで34秒45の2位、1000メートルは5位と踏ん張り、日本男子9年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです