メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

「翔んで埼玉」が初登場首位 2位は「アリータ:バトル・エンジェル」

映画「翔んで埼玉」の一場面 (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 25日に発表された23、24日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、女優の二階堂ふみさんと歌手のGACKTさんが出演する、魔夜峰央さんの人気マンガが原作の映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約19万1000人を動員し、興行収入は約2億5900万円を記録。県下23スクリーンで上映している埼玉県では、都道府県興行収入シェアで東京都を抑え全国1位を獲得。また、劇場別でもMOVIXさいたま(さいたま市大宮区)が全国で動員数1位を獲得するなど盛り上がりを見せている。

 続く2位は、木城ゆきとさんの人気マンガ「銃夢(がんむ)」をハリウッドで実写化した映画「アリータ:バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督)が初登場でランクイン。土日2日間で動員は約15万2000人、興行収入は約2億4800万円だった。IMAX、3D、4DXなどのプレミアムフォーマットが高稼働しており、22日の公開初日から3日間の累計興行収入は約3億4300万円と、1位の「翔んで埼玉」を超える好スタートを切った。

 累計興行収入では、今回5位の「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)が40億円を突破。主演のラミ・マレックさんが第91回アカデミー賞で主演男優賞を獲得した「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)は119億円を突破し、歴代興行収入ランキング20位となっている。

 1位 翔んで埼玉

 2位 アリータ:バトル・エンジェル

 3位 僕の彼女は魔法使い

 4位 フォルトゥナの瞳

 5位 マスカレード・ホテル

 6位 七つの会議

 7位 アクアマン

 8位 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>

 9位 ボヘミアン・ラプソディ

 10位 コードギアス 復活のルルーシュ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです