メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県教委、公立高入学願書の性別欄廃止へ 性的少数者へ配慮

 神奈川県教委は25日の県議会本会議で、2020年度以降の入学生が対象の公立高校入試で、性別の記入に抵抗のある性的少数者に配慮し、志望校に提出する入学志願書、受検票の性別欄を廃止することを明らかにした。敷田博昭県議(自民)の質問に答えた。

 県教委によると、対象となるのは県内のすべての公立高校入試。入…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです