神奈川県教委、公立高入学願書の性別欄廃止へ 性的少数者へ配慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神奈川県教委は25日の県議会本会議で、2020年度以降の入学生が対象の公立高校入試で、性別の記入に抵抗のある性的少数者に配慮し、志望校に提出する入学志願書、受検票の性別欄を廃止することを明らかにした。敷田博昭県議(自民)の質問に答えた。

 県教委によると、対象となるのは県内のすべての公立高校入試。入…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

ニュース特集