メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これが「人間洗濯機」 70年大阪万博で人気 大阪・門真のパナミュージアムで常設展示

常設展示されるようになった人間洗濯機=門真市門真のパナソニックミュージアムものづくりイズム館で2019年2月18日、加藤敦久撮影

 1970年大阪万博で話題をさらった「人間洗濯機」の実物が、大阪府門真市のパナソニックミュージアムものづくりイズム館で今月18日から常設展示され始めた。近年は特別企画での展示などに限られていたが、2025年大阪・関西万博開催決定後に「じっくり、もう一度見てみたい」という要望が高まっていた。入場無料。【加藤敦久】

 「人間洗濯機」(高さ1.8メートル)は、70年万博当時に三洋電機(現パナソニック子会社)の「サンヨ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです