メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大入試 今年の「折田先生」は「新元号は平成」の小渕氏

 国公立大の2次試験前期日程が25日、全国一斉に始まり、府内でも京都大や京都工芸繊維大など7大学で筆記試験が実施された。京都大では前期募集定員2646人に対し7511人が志願。大学入試センター試験の結果を基に選抜された約7300人が国語と数学に臨んだ。

 構内には恒例の「折田先生像」が登場。今年は「平成」と書かれた額を掲げためがね姿の男性で、1989年1月、当時の竹下登内閣で「新元号は平成」と発表した官房長官(当時)の故小渕恵三…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです