メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改めて「どこでも地震」の心構えを 津波発生「M8級」は全域で高く 「海溝型」発生確率

海溝型地震のランク(30年以内の発生確率)

 政府の地震調査委員会が26日に公表した日本海溝の地震の発生確率について、東日本大震災規模のマグニチュード(M)9級の超巨大地震が30年以内に起こる可能性は低いとされた。一方、津波が発生するM8級の地震は全域で高い確率を示した。

 地震調査委は今回、東日本大震災の影響で使えなくなった従来の計算手法を変更。その結果、多くの領域で確率が上昇した。だが、大震災による地殻変動など、その影響を加味する予測手法は確立できていない。確率評価には限界があり、実際はもっ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです