改めて「どこでも地震」の心構えを 津波発生「M8級」は全域で高く 「海溝型」発生確率

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海溝型地震のランク(30年以内の発生確率)
海溝型地震のランク(30年以内の発生確率)

 政府の地震調査委員会が26日に公表した日本海溝の地震の発生確率について、東日本大震災規模のマグニチュード(M)9級の超巨大地震が30年以内に起こる可能性は低いとされた。一方、津波が発生するM8級の地震は全域で高い確率を示した。

 地震調査委は今回、東日本大震災の影響で使えなくなった従来の計算手法を変更。その結果、多くの領域で確率が上昇した。だが、大震災による地殻変動など、その影響を加味する予測手法は確立できていない。確率評価には限界があり、実際はもっ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集