メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラリア防ぐワクチンの臨床試験始める 日本人研究者の創薬ベンチャー

マラリアのワクチン候補薬の仕組みについて説明する「VLPセラピューティクス」のCEO、赤畑渉さん=米国メリーランド州の同社で、須田桃子撮影

 日本人研究者が創業した米国メリーランド州の創薬ベンチャー「VLPセラピューティクス」が、マラリアの感染を防ぐワクチン候補薬の安全性や効果を確かめる臨床試験(治験)を米国内で始めた。創業者の一人で最高経営責任者(CEO)の赤畑渉さん(45)は「世界の人口の約半数に感染のリスクがある病気で、実用化されれば多くの命を救えるかもしれない」と話す。

 米食品医薬品局(FDA)が1月に許可した。5月から30人に候補薬を3回ずつ投与し、感染時に速やかに治療できる体制を整えた上で、蚊を使って実際に感染を防げるか調べる。年内には結果が得られる見通し。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです