放射性物質漏れデータの一部、原子力機構が廃棄 原子力規制委会合で報告

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本原子力研究開発機構の核燃料サイクル工学研究所(茨城県東海村)施設内で放射性物質が漏れた問題で、機構が直後に作業員の汚染の有無などを調べたデータの一部を廃棄していた。原子力規制委員会で26日、開かれた会合で報告された。

 漏えいがあったのは1月30日。機構によると廃棄したデータは、室内で作業中だっ…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

注目の特集