メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ不適切対応で懲戒 条文明記に賛否

 いじめ防止対策推進法の改正を議員立法で目指す超党派の国会議員による勉強会(座長=馳浩元文部科学相)が、改正案に、いじめに適切に対応しなかった教職員を懲戒処分の対象とする条文の明記を検討している。教職員がいじめの対応に最優先で取り組むよう促す狙いがあるが、関係者からは「現場を萎縮させる」と反対する声も上がっている。

 「いじめ問題への対応は(条文に)書かれたことを守るだけではないし、書かれたから順守されるわけでもな…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです